ディキシーナイトはスプリングステークス3着以来のレースで間隔が開き、しかもハンデ56キロは少々見込まれた感があります。

しかし、これまでの堅実なレース振りと、平均ペースで先行しても垂れないしぶとさから、福島1800mという舞台の適性は高いと思います。

 ポチッと応援いただけると嬉しいです! 

単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ  

上の動画は昨年9月9日の中山未勝利戦。
ディキシーナイトは超スローでもしっかりと折り合い、ラスト1F最速11.1で勝ち切っています。こういう勝ち方が出来る馬は、将来性ありと言えるでしょう。

ディキシーナイトで単複勝負します!

レースの大局観

ディキシーナイトを狙いたい理由は、こんな感じ。
  • 大混戦のメンバー構成。1番人気見込みのヒシイグアスはスロー先行タイプなので、福島1800mの平均ペースに向かない
  • 重馬場見込みで逃げ先行馬が多く、上りの速いレースにはならない
  • 内の5番枠で、ポジションが取りやすい枠の並び

展 開

1コーナーまで距離が短いので、外目の先行馬は辛い。

スプリングステークスのディキシーナイトは、10番枠からでも好位からレースを運べていて、今回はもっと内の5番枠。絶好のポジションで進められることは、ほぼ確実でしょう。

また、勝負所での反応が良い馬なので、小回りの福島に問題はないはず。

ダイワメジャー産駒とはいえ、初戦で1800mを使い、未勝利勝ち上がりは2000m。距離の不安を述べるのは筋違いでしょう。

多少の不安としては、脚元の不安により3か月ぶりのレースとなることですが、ノーザンF天栄経由の国枝厩舎ならば、まったく問題ないと考えます。

ディキシーナイトが直線抜け出すと予想します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました! 
  していただけると嬉しいです。

単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ